冬でも朝にしっかり起きるコツ | 自立訓練(生活訓練)事業所ニューロリワーク ニューロリワーク

0120-654-167 受付時間 平日9:00-18:00

新宿御苑センター

03-6273-2647

三軒茶屋センター

03-5787-5941

横浜関内センター

045-228-8641

川越センター

049-299-4872

大宮センター

048-729-7390

所沢センター

04-2946-7255

梅田センター

06-4397-4819

【受付時間】平日9:00-18:00

冬でも朝にしっかり起きるコツ

急に寒くなってきてしまいましたが…🥶

こんにちは!ニューロリワーク大宮センターです🌞

ここ数週間のうちにあっという間に秋が終わり冬になってきましたね💨
皆さまの中には朝が寒いと中々目を覚まして起きることが難しい方もいらっしゃるのではないでしょうか…。
筆者も冬は起き上がるまでに平均30分ほどかかってしまいますので困ったものですよね。

そこで、今回は冬と朝に起きることの関係性を自分なりに調査をしてみました!
まず、寒い冬の朝に起きられない大きな理由としては、布団の中との温度の差(当たり前かもしれませんが)と、太陽の光の弱さの2点があるようです。
これらを踏まえると以下のような工夫が考えられるとのことでした。

①暖房器具のタイマーをセットする
…布団の中の方があたたかいことは仕方がありませんので、暖房器具にタイマーがついている場合には部屋を起きる30~1時間前から温めておくことで、寒い布団の外へ出る不快感を軽減します。
②ベッドのそばに羽織れるものを置いておく
…こちらも布団の外の寒さ対策になります。羽織れる服を持っていてもクローゼットまで行くのがきついなどとならないようにするということですね。ちなみに、寝ているときから靴下などを履いておくことは体温調節の関係であまりおすすめできないそうです。
③遮光性の低いカーテンに変える
…ただでさえ弱まっている太陽の光を遮光性高いカーテンでブロックしてしまってはより目覚めることが困難となります。ですので、冬の間だけでも遮光性の低い少し光が入ってくるようなカーテンに変えてみることもありかもしれません。

ちなみに、以上のようなこの時期限定の工夫の他に重要なこととして、当センターがブレインフィットネスプログラムの中で行っているような、良質な睡眠をとるための基本的なことを普段から行っていることも重要とのことでした!
例えば、朝はカーテンを開けて日の光をまず浴びる、日中はしっかりと身体を動かしたり頭を働かせたりする、夜は寝る90分前に入浴しておくなどです♨️

以上が、今回の調査の報告になります。
上記を参考にしていただきつつ、この寒い冬の朝を一緒に乗り切っていきましょうね🌟

そして、ニューロリワーク大宮センターではブレインフィットネスプログラムなどの生活の基盤を整えるプログラムなどの提供を通して、皆さまの安定就労の一助となればと思い支援させていただいております。
見学や体験もお待ちしていますので、いつでもお問い合わせください。
オンライン見学も可能です。
お待ちしております!

〒330-0846
埼玉県さいたま市大宮区大門町3-197 星野第2ビル2階C
Tel:048-729-7390
Email:omiya-info@neurorework.jp
Web:https://neurorework.jp/
Facebook:@neurorework
Twitter: @neurorework
Instagram:@neurorework
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCpnmRWzAaOBi9t6X_wEdIrg
note:https://note.com/include_inc/

大宮センタースタッフが、センターの雰囲気をお伝えしています!ぜひご覧ください。

最新の記事

まずはお気軽にご相談ください※ご家族のみでのご相談も可能です。

電話で相談・見学予約

電話で相談や見学予約もできます。資料の請求も可能ですので、
お気軽にお電話ください。

0120-654-167 受付時間 平日9:00-18:00

当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。クッキーの使用に同意いただける場合は「同意」ボタンをクリックし、クッキーに関する情報や設定については「詳細を見る」ボタンをクリックしてください。

同意する 詳細を見る