休職者でお悩みの企業様へ | 復職や再就職を支援するリワーク施設 ニューロリワーク

三軒茶屋 03-5787-5941

梅田 06-4397-4819

受付時間 平日9:00-18:00
三軒茶屋センター 03-5787-5941 梅田センター 06-4397-4819

私たちニューロリワークは、うつ病などのメンタル不調で休職されている方に生活習慣などの構築を通じて、休職からの復職の支援を行うことに特化した事業所です。生涯に1度はうつ病になる人の割合は、15人に1人(※1)、医療機関にかかっているうつ病患者の数は、100万人以上(※2)という調査結果があります。うつ病は、今現在、元気に日常生活を送っている方でも起こりえる、決して珍しくない身近な疾患です。

職場でもうつ病などのメンタル不調により休職する従業員数が増加する傾向にあり、それに伴い復職への対応をどのようにしていけばよいか分からないという課題を抱えている企業様からのご相談も増えております。私たちは、このような増え続ける休職者、企業様の課題を解決する為に、2018年に「就労移行支援事業所ニューロワークス」を 開設し、その中でリワーク支援を行ってまいりました。そして、復職・再就職・一般就労実績は、50名(復職者数31名、再就職者数5名、一般就労者数14名)[※グループ内3事業所の利用者実績より]、職場復帰後の6か月以上定着率は96%(6か月以上の定着者30名÷復職者数31名)[※グループ内3事業所の6か月以上利用者実績より](いずれも2020年5月時点)となり、支援内容にご好評をいただいている為、この度リワークに特化したニューロリワークを立ち上げることにいたしました。

ニューロリワークでは、脳科学に基づく生活習慣の構築、休職原因の分析と再発防止策、実務訓練、通勤訓練、医療機関と企業様との連携、定着支援などを通して、休職者のスムーズな復職と再発の防止を行ってまいります。

「メンタル不調の従業員の対応について相談したい」、「休職から復職までの流れを、具体的事例などを踏まえて聞きたい」「回復の状況の客観的な評価がほしい」、「復職後のフォローアップをどのようにしたらよいかわからない」など、休職者の復職へのお悩みがありましたら、ニューロリワークまでご相談ください。

  • 川上 憲人:精神疾患の有病率等に関する大規模疫学調査研究:世界精神保健日本調査セカンド 厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業) 総合研究報告書:2016
  • 厚生労働省:患者調査上巻第64表 総患者数, 性・年齢階級×疾病小分類別 2008年 2012/7/6参照

復職には、なぜリワークが必要なのか?

「リワークプログラム」を受けると、復職後の就労継続率が高い

リワークでは、休職の原因となった症状やストレスにプログラムを通して向き合い対策を立てることや復職後の再休職やメンタル不調を未然に防ぐ為のプログラムなどを行い、スムーズな復職と再発の防止を目指していきます。

このような職場復帰に向けて段階的に準備を行っていくリワークプログラムを利用することで、復職3年後の就労継続率は、約7割と高水準となったという調査結果があります。

一方、何もトレーニングを受けずに復職した場合の就労継続率は約2割となっています。

このようにリワークを利用することは、スムーズな復職と就労継続につながっていきますので、休職者の復職にはリワークのご活用をおすすめいたします。

出典:五十嵐良雄 ヒューマンキャピタルOnline「復職した社員が再休職してしまう!職場に戻す時期をどう判断する?」
[ https://project.nikkeibp.co.jp/atclhco/051500046/051500002/?P=3 ] 参照 (2020-03-30)

ニューロリワークは、独自の生活習慣構築のプログラムなどでスムーズな復職と再発防止を叶える

ニューロリワークでは、脳科学に基づく生活習慣の構築、休職原因の分析と再発防止策、実務訓練、通勤訓練などのプログラムを通して、
職場復帰までの準備を段階的に行っていくことで、スムーズな復職と再発の防止を行っていきます。
リワークを利用しないと復職へのハードルが高い
怪談的に復職の準備を行うことでハードルが低くなる

休職者の対応は、ニューロリワークにお任せください

  • >科学的根拠のある「ブレインフィットネスプログラム」で生活習慣をしっかり整える
    POINT01

    科学的根拠のある「ブレインフィットネス
    プログラム」で生活習慣をしっかり整える

    >科学的根拠のある「ブレインフィットネスプログラム」で生活習慣をしっかり整える

    スキルや経験、コミュニケーション能力があっても生活習慣の乱れから仕事にいけなくなってしまったり、体調がしっかり安定していないと働き続けることはできません。

    ニューロリワークでは、これまでの復職・再就職支援のプログラムに生活習慣の構築をサポートする独自の「ブレインフィットネスプログラム」を導入し、日常働く上での土台をしっかり作っていくことで、スムーズな職場復帰と再発防止を実現いたします。

  • >休職者・退職者に対する企業対応者にかかる負担を全面サポート
    POINT02

    休職者・退職者に対する企業対応者にかかる負担
    を全面サポート

    >休職者・退職者に対する企業対応者にかかる負担を全面サポート

    適切な状態で復職をするまで、トレーニングが可能です。

    復帰後の職場環境が安定していない、再発が懸念されるような環境での復帰にならないよう、職場の環境を考慮した復職コーディネートを行います。

    繁忙期で職場環境が慌ただしい状況ですと、復職者も、復帰する現場側も双方に負担が生じてしまうリスクなどを考慮し、ご自身にとっても、職場にとっても、適切な時期での復職が進められるよう提案させて頂きます。

  • >休職者・退職者に対する企業対応者にかかる負担を全面サポート
    POINT03

    休職者・企業・医療機関との3者連携でスムーズな復職を

    >休職者・退職者に対する企業対応者にかかる負担を全面サポート

    支援スタッフが休職者・企業・医療機関と連携しながら、最適な復職・再就職のタイミング、職場の環境など調整を行っていきます。

    特に医療機関の見解を、企業様へ情報共有を行うほか、復職判断の診断書発行のサポートなどもニューロリワークでお手伝いをさせて頂きます。

  • >休職者・退職者に対する企業対応者にかかる負担を全面サポート
    POINT04

    企業様の費用のご負担はございません

    >休職者・退職者に対する企業対応者にかかる負担を全面サポート

    企業様の相談料、利用料は一切かかりません。

    ニューロリワークは福祉サービスとなり、利用料金はご利用者様ご自身がお支払い頂く形となっております。費用の詳細は こちらをご覧ください。

    企業様より休職者にニューロリワークをご紹介いただいた後、見学、実習を行っていただき、ニューロリワークより休職者ご本人に利用意思の確認を行いますので、安心してお問い合わせください。

  • >休職者・退職者に対する企業対応者にかかる負担を全面サポート
    POINT05

    復職してからも安心の定着支援

    >休職者・退職者に対する企業対応者にかかる負担を全面サポート

    復職後にしっかりと職場に定着して頂けるように、復職から半年間毎月定期的に面談を実施し、仕事面と生活面の両面で不安に思っていることや困っていることがないかなどをヒアリングいたします。周りのサポートを受けながら、休職者ご自身が課題を解決し、職場定着をしていけるようにサポートしていきます。電話面談なども可能です。

  • >休職者・退職者に対する企業対応者にかかる負担を全面サポート
    POINT06

    復職・再就職・一般就労実績 50名(復職者数31名、再就職者数5名、一般就労者数14名)
    職場復帰後の6か月以上定着率は96%(6か月以上の定着者30名÷復職者数31名)

    >休職者・退職者に対する企業対応者にかかる負担を全面サポート

    2018年に「就労移行支援事業所ニューロワークス」を開設し、その中でリワーク支援を行ってまいりました。そして、復職・再就職・一般就労実績は、50名(復職者数31名、再就職者数5名、一般就労者数14名)[※グループ内3事業所の利用者実績より]、職場復帰後の6か月以上定着率は96%(6か月以上の定着者30名÷復職者数31名)[※グループ内3事業所の6か月以上利用者実績より](いずれも2020年5月時点)となり、支援内容にもご好評をいただいております。

  • >休職者・退職者に対する企業対応者にかかる負担を全面サポート
    POINT07

    企業様、休職者に合わせた復職計画と定期報告

    休職のきっかけや原因は、企業様の環境や休職者一人ひとりによって異なる為、状況を伺いそれぞれに合わせた復職計画・復職プログラムを作成していきます。また、企業様にも定期的に訪問させていただき休職者の進捗状況等をお伝えしていきます。

    希望によって、通所日数や受講状況を記載したレポートの提出も可能です。

  • お問い合わせ相談申し込み資料請求

    【企業様】 初回ご相談
  • 見学相談会説明会

    【休職者】 センター見学
    初回面談
  • 体験実習ご利用意思の確認

    【休職者】 体験実習・利用意思
    確認
  • 利用手続き

    【休職者】 利用手続き
  • 正式利用開始

    【休職者】 利用開始
  • 【企業様】初回ご相談

    「メンタル不調の従業員の対応について相談したい」、「休職から復職までの流れを、具体的事例などを踏まえて聞きたい」、「回復の状況の客観的な評価がほしい」、「復職後のフォローアップをどのようにしたらよいかわからない」など、休職者の復職へのお悩みなど、お気軽にご相談ください。ご相談による料金発生などはございません。
  • 【休職者】センター見学・初回面談

    休職者に実際にセンターに来ていただき、センター内の見学をしていただきます。休職様との初回面談を通して、現在の状況を確認させていただきます。
    ※企業担当者様の同席も可能となっております。
  • 【休職者】体験実習・利用意思確認

    体験実習期間として実際のプログラムを体験して頂きます。
    色々なプログラムを体験していただいた後に、ニューロリワークを正式に利用されるかどうかの利用意思の確認をさせて頂きます。
  • 【休職者】利用手続き

    休職者の利用手続きを進めていきます。利用の手続きは、休職者のお住まいの区役所・市役所への申請が必要になります。こちらは当センタースタッフがサポートを行います。
    利用手続きが完了するまで、2週間から最大1か月程度の時間が必要になりますが、この期間も実習継続期間としてご利用いただくことが可能なため、訓練の実績となります。
  • 【休職者】利用開始

    区役所・市役所から、利用開始の証明となる「受給者証」が発行されましたら、

    ご利用開始となります。リワークプログラムを通して、復職に向けた課題を達成し、適切な復帰ができるよう企業様との情報共有を適宜行っていきます。

    利用開始から復職までの流れは こちらをご覧ください。

    • 企業の費用負担はありますか?

      企業様の相談料、利用料は一切かかりません。
      ニューロリワークは、福祉サービスとなり、利用料金はご利用者様ご自身がお支払い頂く形となっております。
      費用の詳細はこちらをご覧ください。

    • 復職までの平均的な期間はどのくらいですか?

      休職者の体調や状況に応じて個人差がありますが、平均的に3か月~6か月で復職されています。

    • 復職実績はどのくらいですか?

      復職・再就職・一般就労実績は、50名(復職者数31名、再就職者数5名、一般就労者数14名)[※グループ内3事業所の利用者実績より]、職場復帰後の6か月以上定着率は96%(6か月以上の定着者30名÷復職者数31名)[※グループ内3事業所の6か月以上利用者実績より](いずれも2020年5月時点)となっております。

    • どのようなプログラムがありますか?
      精神科医・脳科学者監修の脳と身体の健康ケアを行う「ブレインフィットネスプログラム」や、休職原因の分析や対策を練るプログラム、セルフケアやアンガーマネジメント、認知行動療法に基づくプログラムなどを学び、復職後にも実践できる力を身に付ける自己管理系のプログラムなど、豊富なプログラムをご用意しております。
    • なぜうつ病などのメンタル不調が起こるのですか?

      うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間だと感じてしまいます。

      そのため普段なら乗り越えられるストレスも、よりつらく感じられるという、悪循環が起きてきます。

      薬による治療とあわせて、認知行動療法も、うつ病に効果が高いことがわかってきています。早めに治療を始めるほど、回復も早いといわれていますので、無理せず早めに専門機関に相談すること、そしてゆっくり休養をとることが大切です。

      引用:“うつ病|病名から知る”. 厚生労働省.https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_depressive.html, (2020.03.30)

      ニューロリワークでは、精神科医・脳科学者監修の脳と身体の健康ケアを行う「ブレインフィットネスプログラム」を導入しています。脳の疲労回復や脳の健康に良いとされる食事や睡眠などのレクチャーなどを行いながら、職場復帰に向けたプログラムを段階的に行い、スムーズな復職を実現し、再休職を防止していきます。

      メンタル不調で休職されている社員の方の復職に関するご相談は、ニューロリワークまでお問い合わせください。

      三軒茶屋センター:03-5787-5941
      梅田センター:06-4397-4819
      (受付時間:平日 9:00~18:00)

    まずはお気軽にご相談ください。

    電話でのお問い合わせ

    三軒茶屋センター 03-5787-5941 梅田センター 06-4397-4819

    ※ご相談、資料請求もお気軽お問い合わせください。電話で資料請求も可能です。