梅田 06-4397-4819 三軒茶屋 03-5787-5941 お電話

見学の申し込み・
資料請求
見学の申し込み・資料請求

三軒茶屋センターはこちら 03-5787-5941 梅田センターはこちら 06-4397-4819

復職や再就職を支援するリワーク施設 ニューロリワーク 長く健康的に働ける復職・再就職を叶える 脳と身体の健康ケア 「職場復帰・再就職」に適したプログラム

昼夜逆転の生活で職場復帰できるか不安

復職・再就職実績

31

※2018年10月~2020年3月現在のグループ内2事業所の合計実績数です。

梅田センター
 2020年3月2日 グランドオープン!
三軒茶屋センター
 2020年4月1日グランドオープン!

全事業所にて在宅訓練のご利用を受け付けています。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)試験対策の他に5000本以上の授業が視聴できるeラーニング、事業所で提供しているプログラムの一部にwebツールを使って参加できます。在宅でのオンラインの訓練のほか、オンラインでの見学も受け付けしております。

外出するのはちょっと心配な方はご遠慮なくご相談下さい。

※お住いの地域によってはコロナウイルス対策により特例で在宅訓練の利用が認められているケースがあります。特例終了後は、通所の支援に切り替えることが可能です。

※お住いの地域によっては、月に数回の事業所への通所が必要な場合があります。

復職・再就職ひとりで悩んでいませんか?

ニューロリワークならあなたの悩みを解決できる6つの理由があります!

REASON01 科学的根拠のある独自の「ブレインフィットネスプログラム」で生活習慣をしっかり整える。精神科医・脳科学者監修

ニューロリワークでは、脳と身体の健康に良い生活習慣を身につける独自のブレインフィットネスプログラムを導入しています。ブレインフィットネスプログラムは、東北大学との認知機能維持に関する共同研究、うつ病と生活習慣に関するエビデンス研究をベースに精神科医の監修をうけた独自のプログラムで、就労移行支援事業所ニューロワークスで多数の利用者様にすでにご利用いただき、ご好評をいただいているプログラムです。

※ニューロリワークで行うブレインフィットネスプログラムは医師の診断・治療に代わるものではありません。基本的な脳と身体の健康増進プログラムであり、障害自体の治療でないことにご注意ください。

REASON02 体調と希望に合わせて段階的に進めていくリワークプログラム

支援経験豊富なスタッフが、一人ひとりの体調や希望に合わせてリワークプログラムを段階的に進めていき、スムーズな復職・再就職へとつなげていきます。復職・再就職へ向けて何から取り組んでいったらよいか分からない方もスタッフが不安や悩み、ご希望などを伺い、プログラムを提案させていただきますのでご安心ください。

REASON03 復職か再就職かの悩みを伺いながら、自分らしく働ける復職・再就職をサポート

なぜ休職にいたったのかの原因分析や復職、再就職をした場合のメリットやデメリットなどを支援経験豊富なスタッフが一緒に確認しながら、自分らしく働ける復職、再就職をサポートします。
再就職を希望の場合も、転職活動をするタイミングや応募書類の書き方、模擬面接などの就職活動サポートもしっかりと行っていきます。

REASON04 見学や体験実習もすぐに対応可能、利用に必要な手続きもスタッフがサポート

見学や体験実習がすぐにできます。見学の後、数日間は体験実習期間として実際のプログラムを体験することができます。色々なプログラムを体験した後に、ニューロリワークを利用したいと思ったら、利用に必要な受給者証申請もスタッフが手続きをサポートします。

※見学、体験実習の日程は、センターの予約の空いている日程での調整となります。

REASON05 本人・医療機関・企業との3者連携でスムーズな復職・再就職を

希望によって、支援スタッフが本人・医療機関・企業と連携し、最適な復職・再就職のタイミング、配属部署や勤務体制、業務の負荷などの調整を行っていくことも可能です。3者連携でスムーズな復職・再就職をサポートします。

REASON06 働いてからも安心して働きつづけられる定着支援も

入社から半年間毎月定期的に面談を実施し、仕事面と生活面の両面で不安に思っていることや困っていることがないかなどをヒアリング。周りのサポートを受けながら、ご自身で課題を解決し、職場定着をしていけるようにサポートしていきます。

ニューロリワークのカリキュラム CURRICULUM

日常、働く上で必要な土台 生活習慣構築プログラム

科学的根拠がある脳と身体の健康に良い生活習慣を会得する「ブレインフィットネスプログラム」を導入。日常や働く上で土台となる生活習慣を独自のプログラムでしっかり整えていきます。

  • 有酸素運動
    筋トレ
  • マインド
    フルネス
  • 睡眠レクチャー
  • 習慣化7つのコツ

その他 プログラム例

  • 脳の疲労回復
  • 様々なマインドフルネスを実践
  • 様々な脳トレーニングを実践
  • 脳の健康に良いとされる食事
  • 脳の健康に良いとされる睡眠
  • 不足しがちな栄養素
  • 健康に良いとされる飲み物
  • 偏った食事にプラスα
  • 理想の生活習慣
  • ストレッチ
  • 体幹トレーニング
  • ボクシングプログラム
  • ヨガ 
  • ウォーキング
  • リトミック
  • デュアルタスク
  • ピラティス
  • 朗読発声

※プログラムは、一例です。他にも豊富なプログラムをご用意しております。

ブレインフィットネスプログラムとは

ブレインフィットネスとは、「脳と身体の健康に良い生活習慣を身につける取り組み」のことを言います。

ブレインフィットネスプログラムは、インクルード株式会社が運営し脳科学者が所属するブレインフィットネス研究所が開発しました。

東北大学との認知機能維持に関する共同研究、うつ病と生活習慣に関するエビデンス研究をベースに精神科医の監修をうけた独自のプログラムで、就労移行支援事業所ニューロワークスで多数の利用者様にすでにご利用いただき、ご好評をいただいています。

具体的には、睡眠や食事、運動や、ストレスケアのマインドフルネス、それに加えて、集中力や注意力を鍛える脳トレなどが該当する知的刺激などの5領域から脳と身体の健康に良い生活習慣を身に付けていきます。

ニューロリワークで行うブレインフィットネスプログラムは医師の診断・治療に代わるものではありません。
基本的な脳と身体の健康増進プログラムであり、障害自体の治療でないことにご注意ください。

監修者

医師 今野裕之
ブレインケアクリニック名誉院長

詳細を見る

精神保健指定医、精神科専門医。
順天堂大学大学院卒。博士(医学)。

大学院では老化や認知症に関する臨床研究に従事。2016年からブレインケアクリニックを開院し、脳と心の健康を総合的に維持する「ブレインケア」の概念と認知症予防治療の実施・普及に取り組んでいる。

著書に「最新栄養医学でわかった! ボケない人の最強の食事術 (青春新書インテリジェンス)」、「卵やせ(主婦の友社)」監修等多数あり。
分析結果をもとに各課題別に医師、大学教授、管理栄養士、睡眠テクノロジー企業、フィットネス指導者、マインドフルネス指導者らと共同で開発された、科学根拠のある信頼度の高いプログラムです。

杉浦 理砂
脳科学者、ブレインフィットネス研究所ディレクター

詳細を見る

2005年まで(株)東芝 研究開発センターにおいて、エレクトロニクス・マテリアルサイエンス分野の最先端の研究・開発に従事。
2006年から2008年まで米国スタンフォード大学医学部・心理学部、2009年より首都大学東京(2020年4月1日~ 「東京都立大学」に名称変更)大学院において、認知神経科学の研究に従事。脳機能イメージング、学習による脳の可塑性、脳・言語・遺伝子との関連性などに関する研究に取り組む。

2017年4月より株式会社イノベイジ ニューロサイエンスラボ ディレクターに就任。
2020年2月より、インクルード株式会社 ブレインフィットネス研究所ディレクターに就任。

東京都立大学特任准教授(現任)。工学博士(応用物理)。「ブレインフィットネスバイブル 脳が冴え続ける最強メソッド」著者。

※2020年2月、株式会社イノベイジがインクルード株式会社に社名変更
※2020年2月、インクルード株式会社が研究所を設立

スムーズな復職と定着へ向けた 職場復帰プログラム

休職原因の分析やコミュニケーションのプログラムなどを座学だけではなく、実践を通して学び、スムーズな職場復帰や定着を叶えていきます。

  • 休職原因の
    分析
  • チーム
    ビルディング
  • 模擬職場訓練
  • 利用者様企画プログラム

その他 プログラム例

  • EQ(心の知能指数を鍛える)
  • ブレインストーミング
  • ブレインライティング
  • 会話術系
  • 段取り力を鍛えよう
  • 休職報告書の作成
  • 復職前面談の練習

※プログラムは、一例です。他にも豊富なプログラムをご用意しております。

復職後の再発を防止する 自己理解とセルフケアプログラム

認知行動療法に基づくプログラムやセルフケアなどを座学だけではなく、グループでの取り組みを通して学び、復職後も実践できる力を身に付けていきます。

  • 認知行動療法・心理療法
  • セルフケア
  • やる気曲線
    心の地図
  • アンガー
    コントロール

その他 プログラム例

  • ポジティブリフレクション
  • 心配事を減らす方法
  • 悩み方のスキル
  • ゴールデザイン
  • プライベートタイムを充実させよう
  • パターンアート
  • 考える力を鍛える
  • タイムマネジメント

※プログラムは、一例です。他にも豊富なプログラムをご用意しております。

個人の希望に沿った社会復帰を実現する 就職支援プログラム

仕事を進める上で必要な技能や対人関係のスキルを、事例に基づいた実践的なトレーニングで学習します。障害者雇用希望など、個人の希望に沿ったトレーニングも可能です。

  • 就労パスポート・ナビゲーションブック作成
  • 障害者雇用と
    一般雇用の
    違い
  • 外部実習支援
  • 模擬職場

その他 プログラム例

  • 問題解決技能トレーニング
  • タスク管理
  • ビジネスマナー学習
  • 就職に必要な書類作成の仕方
  • SSTプログラム
  • JSTプログラム
  • 企業研究
  • 外部実習支援
  • 情報収集プログラム
  • 働き方改革
  • NewsPaper要約
  • 面接練習

※プログラムは、一例です。他にも豊富なプログラムをご用意しております。

個人の希望に合わせて選べる個別ワーク環境も充実

個人の希望に合わせて自由に利用できるオンライン動画学習や書籍などをご用意しています。個別席もありますので、集中して取り組める環境です。

  • 動画学習
  • アート系
  • 書籍
  • 無料wifi

その他 例

  • パターンアート 
  • e-ラーニング
  • CogniFit

※一例です。他にも豊富な個別ワーク環境をご用意しております。

アクセス ACCESS

三軒茶屋センター

三軒茶屋センター 2020年4月1日グランドオープン

事業所番号
1311204950(東京都指定サービス事業所)
住所
〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-2-16 YKビル4階A
アクセス
東急田園都市線 三軒茶屋駅 徒歩6分
東急電鉄世田谷線 三軒茶屋駅 徒歩6分
電話
03-5787-5941
メール
sancha-info@neurorework.jp

梅田センター

事業所番号
2714101884(大阪市指定サービス事業所)
住所
〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満2-11-8 アメリカンビル703
アクセス
JR東西線北新地駅 ・徒歩7分
大阪メトロ谷町線・東梅田駅 徒歩8分
京阪電車・大江橋駅 徒歩5分
大阪メトロ御堂筋線・淀屋橋駅 徒歩7分
阪急電車・阪神電車 梅田駅 徒歩10分
JR線・大阪駅 徒歩12分
電話
06-4397-4819
メール
umeda-info@neurorework.jp

よくある質問 FAQ

リワークを利用するメリットはなんですか?

うつ病などで休職した人のうち、復職から5年以内に再休職してしまう割合は47.1%にのぼるという厚生労働省の研究班の調査結果があります。(※1)

このような復職からの再休職を防ぐためには、症状の回復、体力の回復、休職に至った原因の分析と対策などやるべきことがいくつかあります。
リワークのプログラムでは、毎日決まった時刻に決まった場所へ通うことによる通勤を想定したトレーニングのほか、再発しないための知識学習や能力開発、体力回復を目的としたプログラムなど、復職後も再発せず働き続けることを目的としたプログラムが多数用意されていますので、リワークを利用することは再休職の確率を少しでも下げることにつながっていきます。

※1:平成二十八年度労災疾病臨床研究事業費補助金「主治医と産業医の連携に関する有効な手法の提案に関する研究」

利用の条件はありますか?

下記の条件が必要となります。
●精神疾患を患っており治療を受けている方
●主治医の利用許可
●復帰・再就職の意欲があること
●保証人(緊急連絡先)がいること

※通院されていない方は、一度スタッフにご相談ください。

また、ニューロリワークは障害福祉の制度で運用しているため、制度上の条件があります。
お住まいの市区町村によって判断が異なるため、まずはスタッフが状況を伺って、お住まいの市区町村に確認いたします。

※利用にあたって障害者手帳は必須ではありません。

利用料金はどのくらいですか?

ご本人の前年度の所得・ご家族(配偶者)の所得に応じて利用料が変わります(1割負担)

月ごとの利用者負担には上限があります。
障害福祉サービスの自己負担は、所得に応じて次の4区分の負担上限月額が設定され、ひと月に利用したサービス量にかかわらず、それ以上の負担は生じません。

利用料金の詳細は、お近くの市区町村窓口までお問い合わせください。 

区分 世帯の収入状況 負担
上限
月額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市区町村民税非課税世帯(注1) 0円
一般1 市町村民税課税世帯(所得割16万円(注2)未満)
※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者を除きます(注3)
9,300円
一般2 上記以外 37,200円

(注1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。
(注2)収入が概ね600万円以下の世帯が対象になります。
(注3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合、「一般2」となります。

出典:厚生労働省ホームページ (https://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/service/hutan1.html)

利用期間はどのくらいですか?

一人ひとりの状況により利用期間は異なりますが、サービスの利用期間の上限は受給者証発行後、最長2年間となります。

通うのに地域制限はありますか?

どの地域からもご利用頂けます。
通勤訓練を兼ねて、他県から通うことも可能です。

訓練は週何日ですか?

復職・再就職の目標に合わせて支援員と相談しながら決定していきます。

事業所までの交通費は支給されますか?

ニューロリワークでは、独自に自宅から事業所までの交通費助成(上限7,000円)を行っています。障害福祉サービス受給者証が発行され、月に12日以上通所された方が対象です。行政からの交通費助成を受給されている方は対象外となります。詳しくはお問い合わせ下さい。

利用にあたって障害者手帳は必要ですか?
障害者手帳をお持ちでない方でも、医師の診断・定期的な通院(自立支援医療)などがあれば自治体の判断により利用可能な場合があります。詳細は、お問い合わせください。
利用するにはどのようにしたらいいですか?
お電話または見学の申し込みよりお問い合わせください。スタッフが相談日時や見学、体験などについてご案内いたします。
TEL:06-4397-4819(受付時間:平日 9:00~18:00)
復職時期の判断などはニューロリワークが行いますか?
復職の判断は会社の産業医や、主治医の判断を元に、3者で連携をとって行います。ニューロリワークでは利用時の実績や訓練状況を関係機関と情報の共有を行い、復職における適切な判断が行えるよう、意見をお伝えさせて頂きます。
再就職活動のサポートはありますか?
企業・業界・職種研究、応募書類の添削や模擬面接、企業訪問・職場実習など、再就職のサポートもご希望に合わせて対応いたします。
生活習慣の改善はどのように行うのですか?
いきなりすべての生活習慣を変えるのではなく、取り入れやすいものから少しずつ実践していきます。毎週、生活習慣についての進捗確認をし、その都度アドバイスさせていただきます。
復職・再就職にあたって、職場や主治医との調整はしてもらえますか?
希望によって、支援スタッフが本人・医療機関・企業と連携し、最適な復職・再就職のタイミング、配属部署や勤務体制、業務の負荷などの調整を行っていくことも可能です。3者連携でスムーズな復職・再就職をサポートします。
会社提出用のレポートは作ってもらえますか?
希望によって、通所日数や受講状況を記載したレポートを作成いたします。
提出頻度や内容はご相談ください。

ご利用までの流れ FLOW

  • 01
    見学の申し込み
    相談申し込み
    資料請求
  • 02
    見学
    相談会
    説明会
  • 03
    体験実習
    ご利用意思の確認
  • 04
    利用手続き
  • 05
    正式利用開始
ご希望をお聞きしながら、見学や体験実習を通して自分に合う施設かどうかをご確認いただいた後、
ご利用意思の確認をさせていただいております。安心してお問い合わせください。

見学の申し込み・資料請求 CONTACT

  • 1 入力

  • 2 確認

  • 3 完了

ご入力ありがとうございます。
内容をご確認の上、ページ下部の「送信する」ボタンを押してください。
お問い合わせ種別

資料の送付方法について

資料はメールでも閲覧いただけます。資料の郵送を希望する場合はチェックをお願いします。

お近くの事業所
お名前
ふりがな
生年月日
郵便番号
※住所は自動で反映されます

住所
電話番号
メールアドレス
復職・就職の希望時期
希望職種が決まっている方はご記入ください
希望する訓練の内容があれば教えてください
障害者手帳の有無
備考

プライバシーポリシーの同意について

入力された個人情報は、プライバシーポリシーに基づき取り扱われます。
プライバシーポリシーをご確認いただき、同意の上で「確認画面へ進む」ボタンを
クリックしてください。
必須


見学の申し込み・資料請求 梅田 06-4397-4819 三軒茶屋 03-5787-5941 お電話