復職や職場復帰への不安を軽くする5つの言葉 | 自立訓練(生活訓練)事業所ニューロリワーク ニューロリワーク

新宿御苑 03-6273-2647

三軒茶屋 03-5787-5941

横浜関内 045-228-8641

大宮 048-729-7390

所沢 04-2946-7255

梅田 06-4397-4819

新宿御苑センター

03-6273-2647

三軒茶屋センター

03-5787-5941

横浜関内センター

045-228-8641

大宮センター

048-729-7390

所沢センター

04-2946-7255

梅田センター

06-4397-4819

【受付時間】平日9:00-18:00

復職や職場復帰への不安を軽くする5つの言葉

# お役立ち

2021.12.13


Warning: Undefined variable $val in /home/innovage/neurorework.jp/public_html/wp/wp-content/themes/neurorework/single-media_blog.php on line 39

Warning: Attempt to read property "ID" on null in /home/innovage/neurorework.jp/public_html/wp/wp-content/themes/neurorework/single-media_blog.php on line 39

 書店に行くと、「心を癒す言葉」「心を強くする言葉」「心が軽くなる言葉」といった本が並んでいるのを目にします。多くの人は、自分が迷ったり悩んだりしたときに導いてくれる言葉を求めているのかもしれません。

 今回は、うつ病やメンタル不調による離職や休職中に「本当に復職できるだろうか」「職場復帰した後はどのように働けばよいのか」と不安を覚えたときに思い出したい言葉を5つご紹介します。(今回ご紹介する言葉はいずれも、復職や職場復帰を支援する自立訓練事業所であるニューロリワークの利用者の方々から寄せられた言葉です。)

目次

1.「呼吸しているだけで偉い」

オフィスで仕事をする男性
 この言葉は、リワークの利用者が友人との会話の中でいただいた言葉です。この言葉を聞いたときは「気持ちが楽になり、自分のことをもっと褒めてあげようと思った」と感じたそうです。

 公私を問わず、思うような成果が上がらないときや上手くいかなかったときは過剰に自分を責めてしまうことがあるかもしれません。特に「こうしなければ」「あれをやらないと」という“決めつけ思考”が強い場合、決めた基準やルールから外れたときに激しく自分を責めてしまいがちです。こうした場合には失敗の原因を見つけることも重要ですが、自分を責める考えに捕らわれてしまうと、かえって根本的な原因を見つける妨げになることもあります。

 そのようなときは、この言葉のように「呼吸しているだけで偉い」「生きているだけで素晴らしい」「こんなことができて凄い」と些細なことでもよいので自分を褒めてみると、少しずつ気分が晴れて前向きな考え方が浮かんでくるようになります。特に職場復帰後や再就職して間もない頃などは上手くいかないことや思うようにならないことが多いかもしれませんが、この言葉のように自分を褒めることで乗り越える力が湧いてきます。

2.「この期間があるから、今の自分がある」

業務をする男性

セミナー


 この言葉は、復職が決まった方が通所していたリワーク施設を卒業する際のあいさつで話されたものです。「この期間」とは休職期間を指します。

 この方は、リワークを利用し始めたときには早期の復職を希望していました。そのため、体調面などを考慮して休職期間を延長することになったときは、とても落ち込んでしまったとのことです。しかし、その延長期間に体調管理の必要性や方法を学んで、他の利用者の方々とも励まし合いながら懸命に準備をされていました。その結果、体調が回復して良い状態になってから復帰することができ、「この時期があったから元気に働けるようになったので本当に良かった」と話されていました。

 休職していると「早く復帰しなくては」と焦ることがあるかもしれません。しかし、休職期間は復職後も安定して働くための準備期間です。この期間を心身の状態を整えて必要な知識やスキルを身につけるために必要な時間と考えて、焦らず着実に復職準備を進めることが大切です。

3.「最初の業務は、毎日笑顔で出勤すること」

職場で笑顔
 不安を軽くする言葉の三つ目は「最初に行ってもらう業務は、毎日笑顔で出勤し、笑顔で退勤すること。半年から1年間はこれを意識して実行してほしい」という言葉です。復職前面談で、人事担当の方が「頑張りすぎないでほしい」という意味を込めて話されていました。同じような意図で、精神科の医師は「復帰後は7割の力で働く」と表現していました。

 社会復帰直後は、「頑張らないと」「遅れを取り戻さないと」と頑張りすぎてしまうことがあります。しかし、頑張り続けることは心身への負担が大きく、かえって不調を招く危険性もあります。心身共に健康で働き続けるためには、余力を持って働くことが大切です。復帰後は無理をせず、毎日笑顔で出勤できるような働き方を意識しましょう。

4.「メンタル不調のある方を助けられる働き方がしたい」

職場で働く
 四つ目は、復職が決まった利用者が話されていた言葉です。この方はリワークを利用して幅広い年代や病状の方と接することで、とても視野が広がったそうです。さらに、これから周りの方に同じような症状が現れたときには相談に乗ったり力になったりできるように、まずは自分が無理なく安定した就労を継続する必要があると実感されたということです。

 自分の働き方が今後、メンタル不調がある方の働き方の土台になるかもしれないと考えることで、無理することなく、ときに甘えたり協力を依頼したりしやすくなることが期待できます。

5.「能力を評価しているからキャリア形成は諦めないでほしい」

キャリア形成
 最後は、人事担当者からの言葉です。社会復帰後まもなくは頑張りすぎないことが大切ですが、頑張りすぎないことと将来のキャリア形成を諦めることは異なります。この人事担当者の方は休職した方の体調をよく理解されていたので、復職後しばらくはある程度セーブをかけた状態で働くことに賛成いただいてました。同時に、「だからといってキャリア形成をあきらめないでほしい。能力を評価しているので、今後の会社の中でどういったキャリアを積んでいけるのかはしっかり考え続けてほしい」と話されていました。

 休職・復職(離職)をしたときだからこそ、社会復帰後どのようにキャリアを形成したいか改めて考えていくことが大切といえます。

まとめ

復職・再就職
 これまでにご紹介したそれぞれの言葉には、復帰後も安定して働くためのメッセージが込められています。それらのメッセージを前向きに受け止め、社会復帰のために一歩ずつ前に進んでいくことが大切です。

【参考文献・参考サイト】
(写真素材:PIXTA・photoAC)

ニューロリワークの見学お申し込み

【note公式ページ】
《注目記事》『精神疾患者数400万人時代の到来
リワーク支援施設「ニューロリワーク」がこの社会でできること』

リワークコラム

【YouTube注目動画】

――――――――――――――――――
※ニューロリワークでご提供するプログラムは、事業所や季節・時期によって異なります。
事業所ごとのプログラムは各センターの紹介ページにて掲載させていただいております。
ご興味のある方は以下のリンクよりご確認ください。

プログラム表はコチラ↓
■ニューロリワーク新宿御苑センター
新宿御苑センタープログラム表

■ニューロリワーク三軒茶屋センター
三軒茶屋センタープログラム表

■ニューロリワーク横浜関内センター
横浜関内センタープログラム表

■ニューロリワーク梅田センター
梅田センタープログラム表

■ニューロリワーク博多センター
博多センタープログラム表

関連する記事

まずはお気軽にご相談ください※ご家族のみでのご相談も可能です。

電話で相談・見学申し込み

電話で相談や見学の予約もできます。資料の請求も可能ですので、
お気軽にお電話ください。

当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。クッキーの使用に同意いただける場合は「同意」ボタンをクリックし、クッキーに関する情報や設定については「詳細を見る」ボタンをクリックしてください。

同意する 詳細を見る