発達障害の方が特に働きにくさを感じる仕事とは?
【向いている仕事/向いていない仕事】
| 自立訓練(生活訓練)事業所ニューロリワーク
ニューロリワーク

新宿御苑 03-6273-2647

三軒茶屋 03-5787-5941

横浜関内 045-228-8641

大宮 048-729-7390

所沢 04-2946-7255

梅田 06-4397-4819

新宿御苑センター

03-6273-2647

三軒茶屋センター

03-5787-5941

横浜関内センター

045-228-8641

大宮センター

048-729-7390

所沢センター

04-2946-7255

梅田センター

06-4397-4819

【受付時間】平日9:00-18:00

発達障害の方が特に働きにくさを感じる仕事とは?
【向いている仕事/向いていない仕事】

# お役立ち

2022.07.15


Warning: Undefined variable $val in /home/innovage/neurorework.jp/public_html/wp/wp-content/themes/neurorework/single-media_blog.php on line 39

Warning: Attempt to read property "ID" on null in /home/innovage/neurorework.jp/public_html/wp/wp-content/themes/neurorework/single-media_blog.php on line 39

 ADHD(注意欠如・多動症)やASD(自閉スペクトラム症)といった発達障害のある方は、仕事の種類によっては働きにくさを強く感じてしまうことがあります。ここでは、自立訓練(生活訓練)事業所であるニューロリワークが支援してきたケースを基に、発達障害のある方が働きにくさを感じた仕事についてご紹介します。

 なお、今回ご紹介するケースはニューロリワークでの支援を通じて多くみられたケースに限られ、必ずしも発達障害のある方全員に当てはまるというわけではありません。同じ障害であっても、障害特性は人によって異なります。そのため、発達障害の方はご自身の障害特性を理解した上で仕事選びを進めていくことが大切です。

目次

①営業職


 発達障害のある方が働きにくさを感じる仕事の1つ目は、営業職です。
営業職は、高度なコミュニケーションが要求される仕事であり、臨機応変な対応が求められます。また、状況に応じた汎用性の高いマニュアルを事前につくることが難しいという点でも、働きにくさが強く感じられる仕事といえます。

 特に以下のような障害特性で悩んでいる場合は、高度なコミュニケーションが要求されたり、クライアントに応じて臨機応変な対応を求められたりする営業職に就くことで、働きにくさを感じることがあります。

・自分ばかりが話してしまうことがある。
・衝動的にしゃべってしまうことがある。
・相手の立場に立って話すことが苦手。
・冗談が分からない。

②人の命を預かる仕事

保育士
 発達障害のある方が働きにくさを感じる仕事の2つ目は、看護師や介護士、保育士など人の命を預かる仕事です。

 発達障害のある方は、注意欠如の障害特性により「うっかりミス」に悩まされるケースがあります。このようなミスが人命に関わるような仕事では、不安や責任を強く感じてしまい働きにくさにつながることもあります。また、このような仕事では緊急の対応も必要となるため、臨機応変な対応が苦手な方にとっては働きにくさを感じるといえます。

③業務が多岐にわたる事務職

事務職
 発達障害のある方が働きにくさを感じる仕事の3つ目は、業務が多岐にわたる事務職です。たとえば、オペレーターや総務職・広報職・採用〜労務までを担当する人事職などに、働きにくさを感じるケースがみられます。また、発達障害のある方は複数のタスクを順序立てて取り組むことや計画を立てて進めることも苦手とする傾向があります。

 なお、「事務職」と一口に言ってもその業務範囲はさまざまです。そのため、事務職を希望する場合は、自分が担当する業務の範囲をきちんと確認してから入社を検討することが大切です。

発達障害の方に向いている仕事とは?

向いている仕事
 発達障害のある方は、その特性から以下の業務に働きやすさを感じやすい傾向がみられます。

・ひとつのことをコツコツ行う業務。
・マニュアル通りに進める業務。

 「ひとつのことをコツコツ行う」という点では、特に興味・関心の強いものに関してとことんこだわって良いものを作り上げることも多く、プログラマーやクリエイターなどで活躍されるケースも少なくありません。こうしたことから、発達障害の方は自身が興味・関心を持てるものが何かを考慮して仕事を探すことが大切です。

 また、職種だけでなく職場環境を基準に選ぶことも重要です。たとえば、以下のような職場は安心して勤務できる環境といえます。

・パーティションで区切られている。
・マニュアルやOJTがしっかりしている。
・業務指示をチャットやメールなど文面でもらえる。

相談を通じて、自分に合った仕事を見つける

相談
 ADHDやASDなどの発達障害のある方は、仕事によっては働きにくさを強く感じる場合があります。そのため、仕事選びの際には自身の特性を踏まえた上で自分に合ったものを選ぶことが大切です。

 自分に合った仕事選びが困難な場合は、支援機関などに相談することも選択肢のひとつです。たとえば、自立訓練(生活訓練)事業所であるニューロリワークでは、障害のある方の社会参加や復職・再就職をさまざまなプログラムを通じて支援しています。事業所では、利用者の方を対象に面談などを通じてご本人の健康状態やニーズを把握することで、効果的なサポートを行っています。
 プログラムの見学や体験実習も随時承っていますので、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

【参考文献・参考サイト】
(写真素材:PIXTA・photoAC)

ニューロリワークの見学お申し込み

【note公式ページ】
《注目記事》『精神疾患者数400万人時代の到来
リワーク支援施設「ニューロリワーク」がこの社会でできること』

リワークコラム

【YouTube注目動画】

――――――――――――――――――
※ニューロリワークでご提供するプログラムは、事業所や季節・時期によって異なります。
事業所ごとのプログラムは各センターの紹介ページにて掲載させていただいております。
ご興味のある方は以下のリンクよりご確認ください。

プログラム表はコチラ↓
■ニューロリワーク新宿御苑センター
新宿御苑センタープログラム表

■ニューロリワーク三軒茶屋センター
三軒茶屋センタープログラム表

■ニューロリワーク横浜関内センター
横浜関内センタープログラム表

■ニューロリワーク大宮センター
大宮センタープログラム表

■ニューロリワーク所沢センター
所沢センタープログラム表

■ニューロリワーク梅田センター
梅田センタープログラム表

関連する記事

まずはお気軽にご相談ください※ご家族のみでのご相談も可能です。

電話で相談・見学申し込み

電話で相談や見学の予約もできます。資料の請求も可能ですので、
お気軽にお電話ください。

当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。クッキーの使用に同意いただける場合は「同意」ボタンをクリックし、クッキーに関する情報や設定については「詳細を見る」ボタンをクリックしてください。

同意する 詳細を見る